機械式腕時計のシステムとメンテナンスに必要なワインディングマシン

機械式腕時計はゼンマイと歯車で動作する

最近の安価な腕時計はクォーツというシステムを使って電池で動いているものがほとんどですが、昔から存在するものには機械式と呼ばれる、ゼンマイと歯車のみで動作するものもあります。機械式時計の特徴としては、文字盤の表示は必ずアナログ表示、つまり針のみで時刻を指し示すものになっています。これは、デジタル表示に必要な電池が入っていないためです。また、ゼンマイを巻かないと数日程度で止まってしまうというのも大きな特徴です。

手動巻きと自動巻の違いとは

機械式時計も二種類に分かれています。ゼンマイをどのような形で巻くかという違いで、人が手動で巻き上げる形式と、腕時計を身につけていて、腕の振りによって自動で巻き上げられる形式があります。最近の機械式腕時計はメンテナンスが比較的楽な後者が多いです。ただ、自動巻きのものであっても、連休などで時計を身につけないとすぐに止まってしまうので、それを防ぐためにはワインディングマシンと呼ばれる機械に巻きつけてゼンマイを常に巻き続ける必要があります。

時計を止めないためにはワインディングマシンが必要

ワインディングマシンとはどのようなものかというと、人の手首ぐらいの太さの円筒形の機械で、時計を巻いてスイッチを入れるとぐるぐると回転します。この動きによってゼンマイを巻くのです。動力源の電気は家庭用のコンセントからACアダプタで取るか、あるいは電池を中に入れることになります。価格ですが一万円も払えばたくさんの中から選ぶことができます。格安といわれるものであれば、五千円未満でも入手することが可能です。

ロレックスは一個は欲しいと思うものだと思います。メンテナンスさえしっかりすれば一生物です。次世代にも引き継がれるかもしれません。